国際結婚していて保険の受取人を海外に住む外国人の配偶者や子供にすることはできる?国内生保は条件厳しく困難だがオフショアでは可能!

2021年8月9日(月/祝)-13日(金)in愛知、オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はここをクリック!

自身のもしもの時を考えて、配偶者や子供の為に生命保険への加入を考える人は多い。

中には、国際結婚していて配偶者が外国人のケースもあるはずだ。

外国人や海外に居住している人を生命保険の受取人に設定する事は可能なんだろうか?

日本国内の生命保険で海外居住の外国人を受取人にするには条件が厳しいが、オフショア生命保険であればハードルが低い!

日本国内の生命保険を契約し、受取人を外国人にできるのかと言えば条件が厳しくなっている。

先ず、受取人は被保険者の配偶者もしくは二親等以内の血族としている保険会社が多い。

これは国籍は関係ない話である。

なので、外国人の配偶者や子供を受取人に設定する事は可能なのだが、外国人を受取人に指定する際には在留カードや特別永住者証明書を所持していて日本に居住している事が条件となっている事がほとんどだ。

住民票の提出を必要とする保険会社もある。

つまりは、何らかの理由で配偶者が海外に住んでいたら受取人には設定できない。

また、日本語の読み書きができて日本国内の銀行口座を所有しているという条件もあったりする。

海外・オフショアの生命保険の場合はどうだろうか?

多くの場合、国際結婚している外国人の配偶者を受取人に設定する事は何ら問題なく、海外に居住している外国人の配偶者を受取人として指定する事も可能だ。

婚姻関係の証明が求められるかもしれないが、日本での国際結婚であれば、婚姻届受理証明書や戸籍謄本といった結婚の事実を証明できる公的書類を提出すればよいケースがほとんどである。

日本ではなく海外で結婚しているとしても、その国での婚姻証明書に相当するものを提出すればOKだ。

 

まとめると、日本の生命保険でも外国人の配偶者を受取人に設定する事はできるが、外国に居住していると不可となる。

一方、海外オフショアの生命保険であれば、婚姻を証明できる公的書類があれば外国に居住していても受取人に設定できる。

根本的に、外国人の配偶者に対して日本の生命保険のシミュレーションを見せたところで、「こんな低利回りな商品を契約するな!」と一蹴されてしまうと思うのだが…

海外オフショアの保険商品は日本のものとは比較にならないような利回りのものが多いが、外国語という事以外に、契約にはこうしたテクニカルな要素が多いので、日本人の受け入れ実績やサポート実績が豊富な正規代理店を選定する事が重要である。

そうした正規代理店で契約しておけば、もしもの時が起こり保険金が必要となっても、スムーズに対応してくれるので安心できる。

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険!日本居住の日本人が契約可能な唯一のホールライフ(Whole Life)商品!

☆ご質問や正規代理店選定でお悩みの際にはこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link