学資保険・教育費用確保の為に廃止予定のジュニアNISAに慌てて加入するのなら、海外オフショアの金融商品を活用した方が良いのでは?

2016年4月から取引が開始された未成年の子供向けの少額投資非課税制度であるジュニアNISA、2023年に制度が廃止されることが決まっている。

廃止の理由は人気が無かったからだそうだ。

学資保険代わりにジュニアNISAでの運用を考えるのであれば、海外オフショアの金融商品を活用してみては?

ジュニアNISAの対象年齢は0歳から19歳までとなっている。

だが、未成年者であるので、実際の運用・管理は原則として親権者や祖父母(二親等以内の親族)が代理して行う事になっている。

つまりは、実際には親のものと考えて間違いないだろう。

そもそもお子さんの場合は運用に充てる費用がないので仕方ない。

お子さんに金融教育を促すつもりでジュニアNISAの口座を契約して勉強の一環としている人も皆無だと思う。

金融教育ができる親であれば、日本国内で資産運用をしようとは考えないはずだから。

想像するに、ジュニアNISAを契約する親の多くは子供の学資保険・教育費用を捻出しようと思っているのではないだろうか?

だが、それこそ運用益を出さなければならないので、簡単な話ではない。

子供の為にと思って契約したのに、結果的に子供の為にならなかったら申し訳ない気持ちになると思う。

こうした思いや考えにさせるのは、日本の学資保険の利回りの悪さが影響しているはずだ。

日本の学資保険の利回りを見ると、良いものでも18年間で105%程度にしかならない。

中には元本割れする商品もあったりするが、仮に総利回りが105%であったとしても、ちょっとしたインフレで実質的な価値は元本割れとなってしまう。

学資保険の加入率や利用率・保障内容満足度・期待度・リピート率ランキング!日本の金融商品は利回りが低過ぎて入る価値がありません!

だからこそ自分自身で頑張ろうと思うのだろうが、そんな簡単なものではない。

ならばどうすれば良いかと言えば、海外にある金融商品を活用すればよい。

海外オフショアには利回り4%程度で運用されている商品があったり、15年継続して積み立てる事で140%の元本が確保されている商品などがある。

お子さんが小さい時にこうした金融商品に加入しておけば良いのではないだろうか?

こうした商品は学資保険となっている訳ではないが、学資保険ではないので汎用性が高く、学資以外の利用も可能となっている。

ジュニアNISAの廃止が決まって慌てて加入する人がどれほどいるのかは分からないが、学資保険・教育費用の捻出として考えるのであれば、視野を少し広げてみては如何かと思う。

赤ちゃんが生まれて子供の為に安全で高利回りの学資保険を検討中の方にお勧めの金融商品とは?海外オフショアの汎用性のある商品を推奨!

☆ご質問はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link