貯蓄型保険

オフショア

サンライフ香港は母体がカナダ、会社はバミューダ、活動拠点が香港!日本居住の日本人を受け入れている高利回りなど利点が多い保険会社!

サンライフ香港がYoutubeで会社概要などを説明した動画をアップしている。社歴や保険会社としての貢献度、資産管理や運用方法についてまとめられているので要チェック!その中でカナダ、香港、バミューダ政府の監督下にあると説明があるが、なぜバミューダ?
貯蓄型保険

貯蓄型保険商品おすすめランキング!海外オフショアの一括や短期年払い商品は資産移転&保全が可能で複利運用によって価値が高まる!

貯蓄型保険は無駄だと揶揄する人もいるが、それは国内商品に限った話である。海外に目を向けると、特にオフショア金融センターの香港には日本人の契約も受け付けていて契約可能な価値ある貯蓄型保険商品は存在している。どの商品がおすすめかをまとめてみた。
貯蓄型保険

貯蓄型保険商品は無駄と考える日本人が多い!?海外オフショアの保険会社であれば利回り6~7%で複利運用されるので資産価値が増えていく!

日本では貯蓄型保険は無駄だと考えている人が多いようだ。日本の保険会社が提供している商品を見ればそう思うかもしれないが、それはあくまで日本国内のお話。海外オフショア籍の保険商品を見ると、資産向上はもちろんだが、それだけでなく多くの価値があったりする。
オフショア

日本と海外のこども保険の相違点!0歳児の赤ちゃんや子供も加入できる貯蓄型生命保険がオフショアにはあり学資保険としても活用可能!

日本でこども保険と聞くと学資保険や医療保険をイメージする人がほとんどだが、海外に目を向けると0歳児の赤ちゃんを被保険者にして加入できる生命保険があったりする。一部引き出しが可能であり、学資保険としても活用できるので汎用性もとても広い。
オフショア

サンライフ香港やFTLife、パシフィックライフやパンアメリカンライフなどのシミュレーションは正規代理店IFAに直接お願いしよう!

海外・米国やオフショア籍の保険は日本の保険とは比較にならない利回りとなっているとは良く聞く話。実際にシミュレーションをしてみればその差を確認できる。シミュレーションを出せるのは正規代理店=IFAなので、気になる方は直接連絡すべし。
オフショア

香港の保険会社の利回り実績値(履行率≒達成率)は公表されている!7%程度の複利運用でシミュレーションされている貯蓄型プランもあり!

香港の保険会社の運用利回りは2022年の金利上昇などにより7%程度で運用されるシミュレーションとなっている。シミュレーションではなく実績値が気になる人もいるだろうが、各社の公式サイトでシミュレーションに対する履行率・達成率が公表されている。
年金問題

2階建て構造の日本の公的年金制は崩壊に進んでいる!意味は異なるが2段階になっている香港の貯蓄型保険商品の方が運用利回りは秀逸!

日本の公的年金制度は2階建て構造と言われているが、賦課制度であり経済縮小や人口減少少子高齢化の問題を抱える日本では土台が崩壊していて破綻へと進んでいる。オフショア籍の保険商品での将来資金構築がお勧めだが、違い意味で2段階構造になっていたりする。
オフショア

サンライフ香港やFTLifeのシミュレーションはIFA=正規代理店に直接問い合わせてみよう!貯蓄型生命保険や貯蓄性保険商品あり!

香港などの海外には、日本とは比較にならない利回りetcの特性を持った保険商品や金融商品があると言われている。実際にどのような利回りになるのかが気になる方は、海外にあるIFAと呼ばれる正規代理店に問い合わせてシミュレーションしてもらえれば良い。
貯蓄型保険

ウォーレン・バフェットは利回りばかりが注目されるが最大の成功法則は長期での運用にあり!投資で避ける必要があるのは市場からの撤退!

投資・資産運用の勉強をするとウォーレン・バフェットを知り、彼の平均利回り20%を目標にする人がいるが、この利回りを出し続けて複利運用するのは困難と言える。利回り6~7%の金融商品で複利運用させていけば将来的には十分満足するリターンが得られるはずだ。
オフショア

サンライフ香港の契約者と支払者の関係性は?配偶者や親だけでなく祖父母も可能で資産承継プランとして活用可能!

サンライフ香港は契約者だけでなく第三者支払いも可能となっている。配偶者、兄弟、親、祖父母、子供、孫など凡そニ親等まで可能なイメージ。第三者支払いを活用すれば、上手く資産承継する事ができるはずだ。日本にはないスキームがあるのがオフショアと言える。