香港の貯蓄型生命保険で日本居住の日本人が契約できる商品はサンライフ香港社のライフブリリアンスしかない!

2019年9月28日(日)大阪で【オフショア師匠の裏話お茶会】を開催します!
詳細はこちら!?⇒ 希望者はどうぞ。

オフショア香港の生命保険は日本国内の生命保険商品とは比較にならないほどの利回りになっているが、貯蓄型生命保険で日本居住の日本人が契約可能な商品は限られていて、一つしかない。

日本居住の日本人が契約できる貯蓄型生命保険はサンライフ社のライフブリリアンスしかない!

生命保険にも色々あるが、日本人が契約する商品は大きく2つに層別される。

一つは掛け捨て型の商品で、もう一つは貯蓄型の商品。

海外では掛け捨て型の商品はユニバーサルライフ(Universal Life)と呼ばれ、貯蓄型の商品はホールライフ(Whole Life)と呼ばれている。

ユニバーサルライフは日本の商品と比較すると少額の保険金で契約できる事が特徴となっている。

ただし、死亡保障が1億円以上となっていて富裕層の相続対策商品と言える。

一方のホールライフ、こちらも日本の商品と比較すると安い保険料で契約できるようになっており、貯蓄性も日本の商品と比較したら断然高い。

ホールライフは一般向けの商品と言えるが、その貯蓄性の高さや死亡保障に対する支払保険金の安さ=費用対効果が良い事に驚かされる。

海外オフショア生命保険を子供時点で加入すると驚異のパワー!5歳児と30代のシミュレーション結果はこれだ!

香港には多くの生命保険会社があるが、日本居住の日本人が契約できる貯蓄型生命保険(ホールライフ)はサンライフ香港社が提供しているライフブリリアンスしかない。

(その他、サンライフ香港社では養老保険なども提供されている。)

日本は金融は世界から相手にされていないので、どうしても契約できる商品が限られてしまう。

興味がある人がいたら、契約できる商品があるうちに行動しなくてはならない。

サンライフ香港社は日本居住の日本人が契約できるものの、信託会社を介して契約し、その後に個人名義に変更すると言うスキームになっている。

契約方法や自分の資産額や年収でどういったプランが合っているかなどは、香港の正規代理店と直接やり取りすれば良い。

冒頭に書いた富裕層向けのユニバーサルライフ商品も、香港で受け入れてくれているのはサンライフ香港社のみである。

サンライフ香港以外にはハワイのパシフィックライフなども契約可能となっているが、こうした商品も契約方法やプランについては金融知識がある正規代理店と直接契約するのが鉄則となる。

香港含め、海外の金融商品・生命保険で契約できるものは限りがあり、いつまで契約できるのかは本当に分からないので、興味がある人は先ずは正規代理店に問い合わせをする事をお勧めしたい。

 

⇒ ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link