明治安田生命・外貨建保険つみたてドル建終身の利回りの謎!表面利回りと実質利回りのどちらを採用しているかを要チェック!

2022/7/22(金)-23(土)in東京
オフショア投資相談会開催!
相談希望者はここをクリック!


最近、日本国内の保険会社がドル建て保険商品の販売に熱心になっているように感じる。

日本円リスクに対する分散投資的な商品なのかなと思うが、その利回りが謎でしかない。

外貨建て保険商品の利回りについて検証してみた!

とある読者から明治安田生命の外貨建保険つみたてドル建終身は購入の価値がありますか?と質問がやってきた。

当該サイトに行くとシミュレーションができるようだ。

予定利率は2.5%となっている。

この資産結果は以下のようになった。

米ドルでそのまま受け取ると、返戻率111.6%となっている。

(為替変動がないと仮定して日本円で受け取ると111.2%)。

15年で111.6%はどう考えても年間利回り2.5%に満たないと思うのだが、15年の積立で複利運用した時の利回りを算出してみたら1.4%程度となった。

利回り2.5%となっているのが実際に計算してみると1.4%。

この差1.1%は手数料などだろうか?

利回り2.5%と言うのは表面利回りで、実質利回りが1.4%としたら、利回りの良い商品とは言えない。

読者からの質問、「この商品を購入する価値はありますか?」の回答は「購入する価値はない」となってくる。

明治安田生命に限らず、多くの保険会社が外貨建て商品を推奨しているように感じるが、おそらくは国内会社の外貨建て商品の利回りは同じような数字になるのだと思う。

営業マンが言葉巧みに営業してくるかもしれないが、その商品の本質を見抜かなくてはならない。

 

海外には利回り4%程度の金融商品が普通に存在する!

今回のシミュレーションは15年の積立で行っているが、海外には15年間積み立てれば、返戻率140%が確保されている商品がある。

(↓インベスターズトラスト社S&P500Indexの利回り)

インベスターズトラストS&P500Index15年140%、20年160%元本確保商品の年間利回り比較!

そもそも、日本円リスクを考慮して外貨建て商品の契約を考えるのであれば、日本国内の外貨建て商品ではなく、ダイレクトに海外の商品を契約すべきだ。

日本の保険会社などは日本政府・金融庁の傘下にあるので、日本円リスクから本質的に回避ができない。

海外であれば、日本政府や金融庁から直接的にコントロールされないので、資産が守られるという利点がある。

日本円リスクの為に早めに海外に資産を逃避させたいのであれば、一括で支払える保険商品を検討するのも良いだろう。

利回り4%程度で運用され、契約10年前後に損益分岐点を迎え、15~20年で解約返戻金200%になるような商品もある↓

サンライフ香港Victoryヴィクトリーの商品概要や特徴・評価を検証!長期積極運用型の前納可能複数年払い貯蓄型保険商品!

日本円リスクを回避しつつ、資産も増やせるプランと言える。

海外の商品と聞くと二の足を踏んでしまう人がいるが、日本人スタッフがいる正規代理店もある。

海外の金融商品を扱える正規代理店は日本国内にはないが、zoom等で海外在住の正規代理店の日本人スタッフと話が出来れば、日本国内の保険営業マンと知識の差が雲泥にある事も気付くと思う。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店の選定でお悩みの方はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link