Fubonフボンライフ香港Power 5 Endowment Plan-サンライフ香港VISIONを比較!クーポン配当型オフショア金融商品 契約すべきはどっち?

昨日、日本居住者も受け入れているクーポン(配当)型金融商品Power 5 Endowment Planが香港のFubon Life Insurance (Hong Kong) Company Limited(フボンライフ香港)から販売されている事を紹介した。

クーポン(配当)型商品と言えば、昨年(2019年)Sun Life Hong Kong Limited(サンライフ香港)からVisionが販売されている。

契約するならどちらが良いのだろうか?

Fubon-Power 5 Endowment Plan 対 Sunlife-Vision、クーポン配当型オフショア金融商品のお勧めはどちら?

Fubon Life hk(富邦・フボンライフ香港)のPower 5 Endowment Planは16年満期のクーポン(配当)商品!評価・考察してみた!母体は台湾!

サンライフ香港VISIONヴィジョンの商品概要や特徴・評価を分析!資金移動での活用や眠った資産がある人にお勧めのオフショア金融商品!

どちらも共通して言えるのは、日本人が好みそうな配当型商品となっている事。

クレジットカードを使って短期間で支払いが可能であり(ただし、Fubonの方は1年目に限る)、日本経済・日本円に不安を覚えている人が一気にキャピタルフライトするのに適していると言える。

(もちろん、クレジットカードの枠の問題があるが、銀行送金も可能。)

どちらもクーポン(配当)のオフショア金融商品、契約するならどちらが良いのだろうか?

それは考え方によりけりである。

ポイントは証券期間(契約期間)と損益分岐点。

FubonLife-Power 5 Endowment Planの場合、証券期間が16年と短く、損益分岐点も一括払いで4年、2年払いで5年となっている。

損益分岐点が早いだけでなく、確定されている配当の割合が高いので、途中引き出しでの活用もしやすい為、早く流動性を求めたい方にお勧めと言える。

一方のSunLife-VISIONは証券期間は最大120年となっている。

損益分岐点は一括・2年払いで契約から7年目となっているが、複利で運用していくと徐々に利回りが大きくなっていく仕組みになっている。

そして、契約者、被保険者を何度も変更可能なので、永きに亘って相続して資産承継したい人にお勧めと言える。

どちらにしても、日本に余裕資金やタンス預金などの寝かした資産がある人にとってお勧めと言える。

日本に資産を何もしないで置いていても意味はなく、意味がないどころか放置しているとインフレにより資産価値が下がるリスクがある。

契約は香港にある正規代理店を介して行う事になり、アフターサポートも同じ正規代理店で請け負ってもらうので、こうした商品に興味がある方は香港の正規代理店に直接連絡する事になる。

どちらの商品が自分に合っているか分かりかねる人は、どちらの商品も扱っている正規代理店に連絡して相談してみては如何かと思う。

 

☆ご質問や正規代理店の紹介依頼はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link