銀行定期預金と生命保険会社の貯蓄性金融商品、どちらがお金が貯まる?香港には利回り4%程度で運用されている保険商品が有る!

【限定1名】2020年12月6日(日)午前、福岡にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

銀行で定期預金を組んだ方が良いのか?保険会社が提供する貯蓄性保険を契約するのかどちらがいいのかと悩んでいたりはしないだろうか?

日本国内の銀行の預貯金や生命保険会社が提供する金融商品を比較しても大して差はなく、どちらも低金利なので比較するだけ時間の無駄である。

香港の保険商品なら利回り4%程度で複利運用される!

日本の銀行に預貯金をしても大してお金は貯まらない。

定期にしたところで0.1%に満たないところがほとんどだ。

生命保険会社が提供する金融商品の方が少し利回りは良いかもしれない。

それでも1%を超えることはなく、物価上昇が起こったら対応できずに実質的な資産価値は目減りしてしまう。

銀行に預けるよりも生命保険に入っていた方がもしもの時にも対応できると考えてしまうかもしれないが、日本の生命保険は損益分岐点に達するまでの時間がとても長く、死亡保障額も上がっていかないので、早く死ななきゃ意味がないと揶揄されている。

銀行での預貯金・定期預金にしても保険会社の金融商品にしても、何故これほどに利回りが低いかと言えば、超低金利な日本国債を握らされているからだ。

なので、残念ながら日本国内の銀行や金融商品を比較しても良い商品には巡り合えないので、比較するだけ時間の無駄となる。

では、どうすれば良いかと言えば、視野を海外に広げてみれば良いだけだ。

海外であれば、日本国債に縛られる事無く金融商品を組成できる。

例えば、香港の保険会社で提供されている金融商品は4%程度で安定的に運用されている。

貯蓄性保険、生命保険、年金商品、どれを見ても4%程度が期待できる。

また、香港の生命保険は損益分岐点を迎えるのが早く、死亡保障額も年々上がっていくのでインフレにも対応できる。

日本の金融商品の利回りは1%にも満たないが、 香港の4%程度で回っている金融商品とはとても大きな差になってくる事が72の法則に当てはめてみると良く分かる。

72の法則は資産が倍になるまでの期間を算出できる計算式だが、以下のようの差となってくる。

・0.01%:7200年
・0.1%:720年
・1%:72年
・4%:18年

日本国内の超低金利な金融商品で悩んでいるのがどれほど意味がないかが分かると思う。

利回り4%であれば18年で資産が倍になるので、36年では更に倍になり、資産は4倍になる。

日本国内の銀行や保険会社が提供する金融商品でどれが良いかと悩むのか、決断力・行動力を持って資産が増える海外の金融商品を選ぶのか、どのように判断するかはあなた次第!

この数字の差を見れば、どちらを選ぶべきかは一目瞭然だと思う。


☆ご質問等はこちらから。



★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link