インカムゲイン狙いなら不動産投資よりサンライフ香港のクーポン(配当)型商品VISIONの契約が良いのでは?入居率や修繕費等の心配不要!

2021/01/26

2021-2022年末年始in愛知
2022年1月3連休in東京!
オフショア投資の相談希望者は
いらっしゃいますか?

相談希望者はここをクリック!

日本国内で人気のある資産運用方法として不動産投資が挙げられる。

金持ち父さん貧乏父さんの書籍の影響もあるのかなと思うが、人口減少が進む日本で不動産投資を行う事を私はお勧めしない。

ある程度の資産があって不動産投資を行うのであれば、サンライフ香港のクーポン(配当)型商品であるVISION(ヴィジョン)を契約した方が良いと思う。

契約後に管理が必要な不動産投資に対して、管理不要なサンライフ香港のクーポン(配当)型商品VISION(ヴィジョン)!

不動産投資で収益を上げるには一定数以上の入居率を維持しなくてはならない。

その為に物件の見極めが必要であり、物件が老朽化していけば修繕費が必要になってくる。

当初見えなかったコストが必要になってくる事が多く、そもそも人口減少が進む日本で将来に亘って入居率を維持できるかどうかは分からない。

不動産投資の声を多く聞く一方、日本では空き家問題も深刻化している。

将来に亘って不動産投資で収入を得続けるのはとても難しいはずだ。

では、何か異なる運用方法はあるかと言えば、インカムゲインを得たいのであれば、サンライフ香港社のクーポン(配当)型商品であるVISION(ヴィジョン)を契約した方が良いのではないだろうか?

サンライフ香港VISIONヴィジョンの商品概要や特徴・評価を分析!資金移動での活用や眠った資産がある人にお勧めのオフショア金融商品!

この商品はクーポン型=配当型の金融商品である。

言ってみれば、インカムゲインが得られる商品だ。

毎月配当が得られるが、配当が受け取れるのは香港内の銀行だけと言う条件はある。

だが、配当を受け取らず複利で運用していくと言う事も可能だ。

配当は2.3%+αとなっていて、αの部分は年数が経過する毎に徐々に大きくなっていく。

もちろん、金融商品なので不動産投資で必要な入居者のコントロールや老朽化に応じて修繕していくなどの追加コストは必要ない。

不動産投資は年々コストが必要になっていく可能性が高いが、VISIONの場合は何もする事なく年々配当が大きくなっていくのである。

だが、コロナの影響で今は海外に渡航できない。

その為、香港に渡航して銀行口座の開設はできないが、サンライフ香港のVISIONは日本にいながら契約する事は可能だ。

先ずはVISIONを契約しておき、複利で運用を行う。

渡航可能となったなら、香港の銀行口座を開設すれば良いだろう。

そのタイミングで配当を受け取るも良し、そのまま複利で運用するも良しである。

もちろん、複利で運用した方が資産は大きくなっていく。

不動産投資の勉強をしている人は、不動産投資の収益はインカムだけでなくキャピタルもあると考えると思う。

だが、人口減少が進む日本で、資産価値が上がりキャピタルゲインが得られる物件を確保するのはとても難しいはずだ。

そうした案件があったとしても、不動産会社等の上層で処理されてしまい、一般の投資家には良い案件は落ちてこないと思う。

逆に、不動産価格が減少に転じてしまったら、負債ばかりが残る状態になってしまうかもしれない。

不動産投資はローンを組めると言うメリットもあるかもしれないが、それが逆に人生を苦しめる可能性も大いに有り得る。

キャピタルゲインではないが、サンライフ香港社のVISIONは一括・2年払いの場合、支払った保険金を受け取り金額(解約返戻金+配当金)が超えるのは7年目ととても早い。

7年以上証券を維持していれば、そこからはプラスに転じていくだけだ。

証券を維持していれば配当(インカムゲイン)が得られ、解約返戻金でキャピタルゲインのような利益を得られる優れた商品となっている。

不動産投資は長期で収益を得るのは簡単ではない一方で、サンライフ香港のVISIONの場合は、長期で証券を維持すると資産が徐々に大きくなっていくのである。

不動産投資とサンライフ香港のクーポン(配当)型商品VISION、どちらを好むかはあなた次第。

 

☆ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link