お金/現金以外の資産のお勧めは?余裕資金は米ドル建ての金融商品などを活用して日本以外の場所で保全・運用する事を推奨します!

資産をどのように分散して運用していくかは、投資・資産運用を行う際に先ず最初に考えなくてはならない事だと思う。

日本に住んでいる以上は日本に生活費を置いておく必要があるが、それ以上の余裕資金があれば、それは日本国内に置いておくべきではないと思う。

余裕資金は資産フライトも可能な海外米ドル建ての金融商品で資産保全しながら資産価値を高めていけばよい!

資産運用と聞くと、現金・株式・先物・不動産などに分散してと考えがちである。

一昔前、昭和時代の日本であればそれで良かったかもしれないが、日本の政治経済の現状を見ていると、先ずやらなければならない事は資産保全・資産移転となってくるはずだ。

ハイパーインフレや預金封鎖が起こるかもと考えている人も増えていて、そうした極論に備えて資産保全しておく事は重要であるが、そうした状況に至らずに徐々にインフレが進行していく状況であっても、日本国内だけに資産を置いていると資産価値が減少していく可能性が高い。

インフレ率に対抗できるだけの価値ある資産を持っていなければならないのだが、日本の金融機関は超低金利の日本国債を半強制的に購入させられていて、その影響をもろに受けるので、利回りが良い金融商品を組成できる環境でない。

また、人口減少が続く日本で不動産投資で利回りを得続けるのは至難の業だ。

今は日経平均株価が上昇しているが、実態のない成長であり、いつまでこの流れが持続するかは誰にも読めない。

そもそも、日本で働いていて日本円の給料を得ているのであれば、その土台にあるのは日経平均株価である。

同じ土俵の上に載せて資産運用を行うのはリスクを高めているだけである。

「卵は一つの籠に盛るな」の原則に従うと、資産を日本だけで持つ事はリスキーであり、日本以外の国へ資産を移す事を先ずは考える必要があるのだ。

だが、今はコロナ禍であり簡単には海外に行けない状況である。

このままでは日本に日本円だけが貯まっていき、リスクだけが積み上がってしまう…どうすれば良いの???

なんて困っている人がいるかどうかは分からないが、海外オフショアの金融商品では日本にいながら契約でき、クレジットカードや銀行送金で対応可能なものもある。

海外オフショアのこうした金融商品で、安定的に利回り3~4%で運用される米ドル建て商品を選んでおけば良いと思う。

利回り3~4%で複利運用されると、将来的に大きく資産価値が増えていく。

一括や5年、10年と言った年払いで支払える商品だ。

また、コツコツと資産を移したいのであれば、毎月積立型のオフショア積立投資商品も有効である。

こうした商品を活用すれば、資産移転・資産保全・資産分散・資産運用が一気に行えるので、とても有用な方法と言える。

日本で日本円を蓄えたり、何かの資産に変えたところでリスクは軽減できないが、海外で安定的に利回り3~4%で運用される米ドル建ての金融商品を活用すれば、リスクを軽減しながら資産価値向上が図れるので、お勧めの方法と言えるのだ。

預金封鎖になったら銀行以外の金融資産、生命保険や株式の有価証券、不動産はどうなるの?日本国内は危険では?

☆ご質問やご相談はこちらから。

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link