相続で不動産や私財を売却しなくてはならないリスクがあるならば、海外生命保険などオフショア金融商品で対策すべし!

2020年11月23日(月・祝)-26(木)、東京にてオフショア投資の相談可能です!
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?

相続で現金よりも不動産や資産価値の高い私財を持っていると、相続税の支払いができずに困ってしまうケースが多い。

こうした時に助けになるのが生命保険である。

死亡保障額/支払い保険金を比較すれば、日本より海外となる!

亡くなった時に遺された人にお金を遺してあげられるのが生命保険である。

多額の相続税が発生したとしても、生命保険により相続税を払えるようになる。

ところが、現金よりも不動産などの資産が多いとそうは簡単にはいかない。

生命保険でカバーしようにも、日本の生命保険は死亡保障の9割以上の保険金が必要となってくるので、生命保険でカバーしきれるないケースも多い。

また、日本の生命保険は1社最大7億円ほどの死亡保障が最大値と言われており、複数社を組み合わせても10億円がMAXとなっているようだ。

20億円以上の簿価がある不動産を持っていたら、単純計算すると10億円以上の相続税が必要となってくるが、そうした生命保険に日本で入ろうとすると9億円以上の保険金をしはらわなくてはならない。

そして、その死亡保障額が限界値だ。

現金9億、不動産20億の資産であったら、結局のところ相続税に持っていかれてほとんど現金は残らない。

現金の割合が少なかったり、不動産価値が現金と比較して高かったりしたら、不動産や私財を売却しなくてはならなくなってしまう。

悩ましい問題だ。

海外の生命保険の場合はどうだろうか?

海外の生命保険の場合、そもそも日本の生命保険として比較してかなり安価に契約ができる。

死亡保障の上限はほとんど定められておらず、年齢などにもよるが、死亡保障に対する支払保険金は3割程度になっているので、10億の生命保険に対して3億ほどの支払いで済む。

また、プライベートバンクに2億円(2百万米ドル)以上を入れる事が出来れば、契約する生命保険そのものを担保にしてプライベートバンクから保険料を借りる事もできるので、実質、10億円の死亡保障を2億円でかけられる。

日本の生命保険と異なり死亡保障の上限は特に定められていないので、20億円の死亡保障であれば4億円、100億円の死亡保障であれば20億円あれば契約ができる事になる。

死亡保障1,10,100億円の生命保険に加入する際の支払金額は如何ほどか?プライベートバンクを活用すればお得に契約できる!

海外の生命保険は日本の生命保険と比較して、死亡保障額に対しての支払保険金がとても安い。

コストパフォーマンスが格段と異なっているのだ。

そうした状況に加えて、生命保険そのものを担保として認めてもらえるので更に安く契約できるスキームがある。

最近はあまり聞かなくなったが、日本の不動産を担保にして海外の生命保険を契約したと言う話も聞いた事がある。

相続により不動産を売却しなくてはならないという話は度々耳にするが、海外の生命保険や金融スキームを活用すれば、相続で不動産売却を回避できる可能性はとても高まるのである。

 

*ご質問はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link