富裕層の余裕資金の資産保全/キャピタルフライト方法はサンライフ香港一括&RL360°海外積立投資の組み合わせが多いように感じる!

2021年8月9日(月/祝)-13日(金)in愛知、オフショア投資の相談希望者はいらっしゃいますか?
詳細はこちらから!⇒ オフショア投資の相談希望者はここをクリック!

富裕層の人ほど、余裕資金を日本に留めておきたくないと考えるようだ。

日本にいながら契約できる海外の金融商品を活用してキャピタルフライト(資産移転)を行い資産を保全するようだが、どのような商品を契約しているケースが多いのだろうか?

富裕層は手元にある余裕資金を先ずは一括でキャピタルフライトさせて、その後は海外積立投資商品を活用して定期的に資産移転を行っているようだ。

余裕資金がある富裕層。

日本にある余裕資金を先ずはいち早く海外に移転させる為に、一括で資産を移せる商品で策を打っている人が多いと感じる。

日本人が契約できる海外の金融商品の中で、サンライフ香港社の保険商品を活用して一括での資産移転を行うケースが多いようだ。

サンライフ香港社には様々な商品があるのだが、例えば、生命保険を活用して、もしもの時の為にも対応できるようにしておく人もいる。

サンライフ香港(Sun Life hong Kong)GenerationsⅡ(ジェネレーションズ2)の分析・評価!終身型生命保険商品で相続対策向け金融商品!

サンライフ香港のライフブリリアンスは貯蓄型生命保険!日本居住の日本人が契約可能なホールライフ(Whole Life)商品!

また、契約満期が120歳であり、その間に何度も被保険者や契約者の変更が可能な貯蓄型保険商品を契約する人もいる。

相続・資産承継を強く意識しての事だろう。

サンライフ香港Victoryヴィクトリーの商品概要や特徴・評価を検証!長期積極運用型の前納可能複数年払い貯蓄型保険商品!

こうした商品、ただ単に海外に資産逃避させるだけでなく、利回り4%程度で運用されていくので、資産価値が上昇していくのである。

日本に余裕資金を寝かせていても資産は増えず、将来的にはその価値が暴落していく可能性も考えられるが、サンライフ香港社の商品を契約する事により、キャピタルフライトと資産保全が同時に行えるだけでなく、資産価値向上までも図れるのである。

 

富裕層と呼ばれる人たちは、余裕資金はもちろんだが、ビジネスなどで資産を生み出す力を持っている人がほとんどだ。

先ずは今ある資産をサンライフ香港社の商品によって海外に逃避させて保全させることに成功しても、時間と共に日本円での余裕資金が自然と増えていく人も少なくない。

そうした人たちがそのようにして生み出される新たな余裕資金をどうしているのかと言えば、RL360°(アールエルスリーシックスティ)が提供している海外積立投資商品などを活用して、毎月資産移転させている事が多い。

このように、富裕層な人たちは海外の一括で支払える金融商品と毎月拠出できる積立投資商品を上手く活用して、資産保全を進めているのである。

 

海外の金融商品は海外にあるIFA(Independent Financial Adviser)と呼ばれる正規代理店が契約からアフターサポートまでを請け負う事になる。

日本人スタッフがいるIFAもあるのだが、単に商品の契約をサポートするだけでなく、キャピタルフライト(資産移転)について詳しく、契約後もしっかりとサポートしてくれるIFAを選定する事が資産保全を進めていくうえで重要となってくる。

 

⇒ ご質問やご相談、正規代理店(IFA)の選定でお悩みの方はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link