契約者貸付制度で生命保険の証券を担保に非課税で資金を引き出す!海外香港オフショアでは死亡保障額が高くなっていくのでメリット大!

生命保険には契約者貸付制度が設定されている商品もある。

解約返戻金 or 死亡保障額を担保に融資を受けて資金を借りる事ができるシステムだ。

海外香港オフショアの生命保険であれば証券価値が向上していくので、融資で貸し付けてもらって現金を引き出すメリットが大きい!

以前、国内生命保険の契約者貸付制度について記事にしたことがある↓

国内生命保険の契約者貸付制度と海外オフショア生保の一部引き出しの相違点!

日本の生命保険会社では解約返戻金を担保にしてお金を貸してもらえる制度がある。

だが、日本の生命保険で解約返戻金が支払った保険料を超えてプラスになるのは満期間近であり、契約者貸付制度でお金を借りたとしても、自分が払った分を一旦戻してもらって、その後に金利を付けて返すだけというイメージだ。

生活に困った際の最後の砦と言えるかもしれない。

だが、海外の生命保険で契約者貸付制度を活用すると大きなメリットがある。

FTLife社の生命保険On Your Mind!現役時代は死亡保障が厚く、将来的に保険証券を担保に融資を受けられるが借り入れになるので非課税!

↑香港のFTLife社のホールライフ型生命保険On Your Mindは日本居住の日本人の契約も受け入れていて、契約者貸付制度が設定できる商品となっている。

その条件は以下の通りとなっている。

◆融資の設定は契約中1回だけ可能
◆被保険者60歳以上

◆保険料支払い期間終了済み
◆契約から15年以上経過
◆死亡保障額が65,000USD以上
◆融資期間:15、20、30、40年
◆融資受取頻度:月単位、半年単位、年単位

国内の生命保険とは異なり死亡保障額を担保にする。

海外香港オフショアの生命保険は保険会社の運用により年々死亡保障額が上昇していくので、支払った保険料以上の貸し付けを受ける事も可能。

もちろん融資なので金利が付くのだが、保険証券自体の運用もそのまま行われるので、設定した貸付金額によっては死亡保障額は融資後も更に増えていく事もある。

貸付された金額は亡くなった時に死亡保障額と相殺されて遺族(保険受取人)に渡されるので、貸し付けてもらった金額を返す事もしなくてよい。

更に特筆すべき点は、融資によって現金を受け取ってもあくまで借入金となるので非課税なのだ。

支払った保険料以上の融資を受ける事ができ、それが非課税となれば大きなメリットとして感じる人は多いと思う。

直ぐに融資を受けられる訳ではなく、早くても60歳以降となるが、それまでは厚めの死亡保障で家族を守ってくれるので、商品全体としても価値がある。

FTLife社のOn Your Mindはオフショア金融のメリットを大いに享受できる保険商品と感じる。

 

⇒ ご質問やご相談はこちらから。

 

 

★☆★LINE@やってます!★☆★
【オフショア師匠のちょっとウラバナシ!】
LINEでのやりとり希望の方はこちらからどうぞ。


友だち追加



★☆★フェイスブックやってます!★☆★
https://www.facebook.com/investorbrain/
いいね!を押してもらえると嬉しいです♪




Sponsored Link